Blue Lupinus

バレンタイン限定ボイス&SS

バレンタイン限定!
特別ボイス&描き下ろしショートストーリーを公開!

ボス(今日は2月14日…そう、待ちに待ったバレンタインデー!あれだけ毎日アピールしたんだもん、きっと…きっと…!)
知夏「…ボス」
ボス(ドキーンッ!)
ボス「な、なに、知夏ちゃん?どうかした?」
知夏「さっきから何をうろうろしてるんですか。気が散るので大人しくしててください」
ボス「…はい(;θ;)」
ボス(もしかして、知夏ちゃん今日がなんの日か忘れちゃったのかな…。カレンダーにも書いたけど、あんまり見てないみたいだし)
ボス「…ボク、泉ちゃんのとこ行ってくるね」
知夏「お昼には早くないですか?」
ボス「なんかお腹すいちゃったな〜って」
知夏「……」
ボス(泉ちゃんのところでバレンタイン特別メニュー食べるからいいんだもん。チョコなんてそんな好きじゃないし!)
ボス「じゃあ、行ってくるね」
知夏「ボス」
ボス「あ、新しいお仕事は振り分けておくから気にしなくて平気だからね」
知夏「…ボス」
ボス「他にも何かあった?」
知夏「今日、引き出し開けました?」
ボス「ん?報告書入れるとこ?開けてないよ。だって今日は…」
ボス(ハッ…!もしかして!!)
ボス「開け〜ゴマ!(引き出しの暗号解除)」
知夏「……」
ボス「あーーー!チョコ!知夏ちゃん!チョコ入ってる!!ボスへって!!!」
知夏「よかったですね」
ボス「…えへ、えへへ。大切に食べるね!」
知夏「義理なのでそんな大切にしなくていいです」
ボス「そんなはっきり!でもでも、嬉しいもん!写真撮ってブログに載せちゃおうかな〜!」
知夏「やめてください」
ボス「あ!みんなに自慢メール送っちゃおうっと!」
知夏「だから普通に受け取るだけに…ってボス!望遠レンズとか出さなくていいですから!」
ボス「だってだってー!」
知夏「普通にしてください。普通に」
ボス「だって普通の30倍は嬉しいよ!」
知夏「…大げさです。手作りにしたら少し余っただけですからね」
ボス「それでもホントにありがとう、知夏ちゃん」
知夏「…どういたしまして」
ボス(なんだかんだ言って優しいんだから、もう!)
知夏「ホワイトデーは30倍返し、期待してますね」
ボス「ん?」
知夏「30倍、嬉しかったんですよね(にこ)」
ボス「あ、はい」
ボス(照れ隠し…だよね?あ、あは…)

※一部の端末では音声が再生できない場合があります。

TOP